ぼくのかわいい彼女…はモンスターでした。


by imadojinja

鼻歌ドロボウ

CMソングが好き、というかヘビロテされると、こびりつくんですよ。



で、お風呂入ったりとか洗い物とかしてると、ついついフンフン鼻歌

しちゃったりするんです。



すると、ん?どこからかメロディが…?ハモってるような…?



フッと振り返ると…



f0207023_046260.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・。


すごく気持ちよさそう。




ちゃんこは、あんまり歌が上手ではないのです。本人には言えないけど…。



ぼくの鼻歌につられ、奪い、マイソングにするちゃんこ…。



確かにメロディは、もはやオリジナルだよ…。うん…。








人気ブログランキングへ
[PR]
# by imadojinja | 2009-05-22 00:47

粘り強さ。

車に乗っているとき。

映画「おっぱいバレー」のPRを、ラジオで聞いていました。

ちゃんこ「ねね、私ってさ、」

運転するぼくの顔をのぞきこむようにちゃんこが身を乗り出した。


f0207023_2357178.jpg











ぼく「え?」


・・・・・・。


ちゃ「おっぱいバレーおもしろそうだよねー」


ぼくの反応を見て、早々と話を変えたちゃんこ。


それからひとしきり映画談義が続き…


ちゃ「でさ、」










f0207023_022458.jpg















このコ…諦めてない!!




「う、うん…目尻とか、似てるかもね・・・」

ぼくが折れました。



ブログランキングに登録しました。
詳細は
こちらをクリックしてください!
[PR]
# by imadojinja | 2009-05-22 00:10

寝ぞうって大事。

ちゃんこは、寝相が非常に悪い。

1人で寝ていようが2人で寝ていようが、
ベッドの中央に大の字になる。

f0207023_3345565.jpg



これはあくまで基本形。

このあと左右にローリングしながら布団を剥ぎ取り、

次第に斜めになっていくのだ。

おかげで寝返りも打てない。


ぼく「あのさぁ、寝返り打てなくて腰が痛くなるんだけど」

ちゃ「ん? もんであげよっか?」

ぼく「そういくことじゃなくてさ…」


以下、ちゃんこの寝相でいかに迷惑してるか説明


ぼく「これ以上ひどくなったらソファで寝てよ」

ちゃ「 ! 」
   「それはイヤー!!!!」


今夜はきれいに寝る、と意気込んで布団にもぐりこんだちゃんこ。

そしてむかえた夜中・・・。


やっぱり寝相、悪い。


思わず、ぐいっとちゃんこの肩を押しました。


すると・・・。


f0207023_3461154.jpg



手足を閉じた!!


起きてるの!?と思うほど機敏な動きに思わず声をかける、
が、無反応。


寝ているみたい。


よっぽど気にしてたのかな、かわいいなーと思ったのは・・・ほんの一瞬。


だって、ねぇ、ちゃんこ・・・


その位置じゃぁ、


手足閉じても邪魔なのはかわらないよ?


もー、ちゃんこが起きるの覚悟で壁の方へ押しやりました。
[PR]
# by imadojinja | 2009-05-20 03:52

ツボが分からない。

ちゃんこのツボはたまによくわからない。


冬、我が家で茶色いフリースの上下を
パジャマにしていたときのこと。


その姿を見て


f0207023_1454745.jpg



なぜか大笑い。

そしてこの姿のぼくが大層気にいったらしく


パジャマになると機嫌よくすりよってくる。





そして春。


そろそろくまさんだと暑いのでパジャマを変えた。


グレーのスウェット上下。


すると・・・


f0207023_1483626.jpg




今度はネズミさんに


ひとしきり「ネズミ」を連発し、ひとりで大笑いし、


そして決まってこのポーズ。


f0207023_1494952.jpg




これね、漫画「ウシジマくん」最新巻に出てくるとある1コマの真似なんです。


そんなの分かるかっつーの(後でちゃんこの自己申告で知った)。


人のパジャマにあだ名つけて、唐突に漫画のまねして、


本当に大丈夫かしらこの子。
[PR]
# by imadojinja | 2009-05-19 01:54

1人1本使ってますよ。

先日、地元の友達カップルと飲みに行きました。

ちゃんこを連れて。


ちゃんこはお酒が入るといつもより一層愉快な
性格になります。
今日もお酒が入って、初対面の友達とも打ち解けた様子。


そして話題は「お互いの家にどこまでにも荷物を置けるか」という内容に。


あんまり気にしたことなかったけれど、
女のひとは彼の家に置くものにボーダーラインがあるらしい。


化粧品は置ける、とか、毛抜きは置けない、とか。


ちゃんこはぼくの家に来るなりすぐに「ちゃんこ箱」を作り
いろいろと置いていったくせに、その話にやけに相づちをうっていました。


やけに食いつきがいいちゃんこに気が付いたのか、
友カノが気を利かせて一言質問。


「ちゃんこちゃんは歯ブラシを何時くんすけの家に置いた?」


間髪入れず返ってきた答えは。


f0207023_161365.jpg




f0207023_163875.jpg




もちろんウソなのに・・・この後ぼくの言うことを誰も信じてくれなくて
苦労しました。
[PR]
# by imadojinja | 2009-05-19 01:16